CSRCSR

トーヨーポリマー株式会社の考えるCSRは、行動基準を順守する(コンプライアンス)とともに、人権・労働・地球環境保全・生活文化の進歩向上など社会的責任を果たし、誠実かつ公正な事業活動を通じて、社会の持続可能な発展に貢献することです。
この考え方は、経営者が定め、その実現に向け、責任と権限を適宜従業員に委譲していきます。

SDGsへの取り組み

トーヨーポリマー株式会社は、持続可能な世界の実現に向け国連が定めた、2030年までの国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)の理念に共感し、事業活動を通じて、目標達成に貢献いたします。

環境への取り組み

トーヨーポリマー株式会社は化学分野で事業を展開する会社として、環境への負荷を低減する製品を開発し、事業活動におきましても低減に努めております。

環境方針

地球環境保全を全人類にとって最重要課題の一つと認識し、事業推進にあたっては、環境への負荷の低減に努める。
法規制を厳守し、適切な管理活動を行う。

品質への取り組み

平成20年より品質マネジメントシステムを自主管理体制で進め、更なる品質の向上に努めております。品質マネジメントシステムを有効に活用し、生活文化の進歩・発展に努めてまいります。

品質方針

顧客の満足と信頼を得る為、品質とブランドを高め、無限の創造を提供する

JIS認証工場

当社は経営者を始め管理者・監督者を含めたTQM活動を推進し、その活動の一環として、平成15年1月に岡山工場、平成17年10月に草津工場にてJIS認定工場となり、平成19年8月に新JISへ移行し更なる品質の向上に努めております。

「持続継続力強化計画」認定

当社では令和2年7月31日に「事業継続力強化計画」認定されております。

事業継続力強化計画認定制度とは

近年の大規模な自然災害などをうけて、中小企業の自然災害に対する事前対策(防災・減災対策)を促進するため、施行された制度です。
防災・減災に取り組む中小企業が取り組みを「事業継続力強化計画」としてとりまとめ、国が認定する制度です。
詳しくは、こちらをご覧ください。

「健康経営優良法人2021」認定

令和3年3月4日経済産業省より、「健康経営優良法人2021」が発表され、当社は優良な健康経営を実践している法人として、経済産業省と日本健康会議が共同で顕彰する「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定されました。
当社は従業員が心身ともに健康で働き続けることができる事業所を目指す「健康経営」として様々な取り組みを行っています。
今後もさらに働きやすい環境づくりを目指して取り組んでまいります。

健康経営優良法人認定制度とは

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を日本健康会議が認定する制度です。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

CONTACTご相談・お問い合わせ

TOP